FC2ブログ

MadProfessorのカントリーライフ

にゃんこ、わんこ、長野、群馬、居た所、行った所…等に関する我思う故に我在る話題

にちようび・・・

今日も暖かいキャンプ・モバラです。昨日の仕事も、なかなか終わらず大変・・・でもないですけど。

仕事の話ではないです。テレビを見ていての感想・・・世の中で支持をされることに必要なのは「娯楽と恐怖」ってこと。

歴史を振り返れば太平洋戦争前も同じような状況だったようです。
・娯楽はスポーツですね。特に外国相手のスポーツで勝利なんて最高!
・食糧不足、資源補給路の確保、これらを巡るの関係国同士の衝突で恐怖・不安をあおる。(今は無いですが、当時は人口爆発も日本人にとって恐怖要素でした)

気になるのは近隣他国の事故や問題をこき下ろすニュースも目立つこと。他国のニュースを伝えるのは良しとしても悪口まで言う必要はないと思うのですが。公害や安全性、品質問題等は日本も通ってきた道です。日本のものづくりがスゴイなんて言いながらも、日本に生産拠点が(関連する物流や国土開発も)なくなったから公害や事故も減った部分もあるかも知れません。(確かに国内の製造業にとって環境保全コストは大きいです)

「国土の均衡ある発展」って懐かしい言葉ですが、本土とりわけ東京だけが栄えるのではなくて北海道から沖縄まで配慮した報道姿勢を御願いしたいものです。

他の国から視点も報道されないです。もし自分がアメリカ軍の立場なら他国に出してもらいたいのは「カネ(弾薬・燃料・食糧・土地・建物等・物流を含む。ついでに自由な行動の保証)と、自軍の代わりに汗と血を流す兵士」であって「負けそうだから助けて」なんて絶対に言いそうにないですが。

考えれば考えるほど、やっぱり平和が一番だな・・・

PageTop