MadProfessorのカントリーライフ

にゃんこ、わんこ、長野、群馬、居た所、行った所…等に関する我思う故に我在る話題

カカオマス!

今度の土日は「花見だぜぇ~」って杉ちゃん、いやドンキホーテ・ロシナンテ風に言ってみたくなるキャンプ・モバラです。

さてチョコレートの原料であるカカオ豆(カカオ・ビーンズ)から語り魔SHOW!まずはカカオマス!

かつお節ではありません。それは「おかか」。ビートたけしさん風に言うと「カカオ・マス」と途中で一回切り・・・ません!

詳しくは・・・カカオマス (ウィキペディアへジャンプします)

ウィキペディアにあります通り、カカオ豆は60kg入りの麻袋に詰められ日本に到着!一緒に夾雑物(きょうざつぶつ)も入っていて、コインもあれば、弾丸が入っていることもあります。銃撃戦をくぐり抜けてきたカカオ豆に日本での試練!

本当の拷問は、これからで・・・まず焙煎!ロースターという機械で熱風地獄に。MPの居た湘南・茅ケ崎の工場には連続式とバッチ式2種類のロースターがありました。実はMP、この辺の機械に詳しくない。自衛隊出の課長さんが居て任せっ切りでした。話は変わりますが、空挺団の前を通った際に、「あの塔(降下訓練塔)で降下訓練するんだ」と教えてくれましたが・・・故人です。着地に失敗した訳ではありません。病気でした。

ハスク!・・・を剥ぎ取られてカカオニブとなりますが、まだ粒状です。続いての拷問は、ハンマー見る、いやハンマーミルと呼ばれる磨砕機で粉砕・スリスリ!ハンマー殺人事件の後は、何とドロドロの液状になります。これを固化したものがカカオマス!

日本国内でカカオマスの加工をやっている会社は数社しかないそうです。何でかと言うと・・・お金がかかるから!

実を言うとチョコレートは子供菓子の中でも原材料費が高いのです。大半の会社はココアプレパレーションと言って、全脂粉乳または脱脂粉乳9割にココアマスまたはココアパウダーを1割の割合で調製したものを輸入・使用しています。ショッキングなウラ話って言っても分からないですよね?(有名メーカーはプレパレなんて使いませんよね!?)

今回の話は、ここまででありマス。しかしチョコレートになるには更なる拷問が待ち構えているのでありマス。マスマス暗くなっていくチョコレート工場!
PageTop

チョコレートは、お好き?

桜が順調に開花中のキャンプ・モバラです。

キャンディ王が意外に好評でしたので、菓子工場で一番興味深いチョコレート工場について・・・多分、説明は長いは、理解できないし・・・となってしまうでしょうね。トロトロのチョコレートを型に流し込むシーンはTVなどでお馴染みなのではないでしょうか?でも、その工程はチョコレート工場の中でも中間にある一部分。一番奥は豆!カカオ豆で~す。

チョコレートの生産装置は・・・こんな機械あったのか?と驚くようなものが多いのです。悪い表現をすると「拷問の機械?」にも見えてしまう鉄や石?の塊のくせに動きは速いぜ!って感じです。カカオ豆を滑らかな舌触りに変えるのは、拷問なのかもしれませんね。

ついでに板チョコの包装機はスイスのピストル・メーカー製でした!(現在、このメーカ-に銃器部門は無い!)板チョコをアルミでくるんで、箱組立または帯巻を高速で行いますが、すごいメカニズムで動作します。

何か暗いぞ!チョコレート工場、暗いよ!狭いよ(?)怖いよ!っていうインスピレーションから、この映画が生まれたのかな、と勝手に思っているMadProfessorでした。

MadProfessorの居たチョコレート工場は湘南・茅ケ崎にありました。雪はめったに降りません。
PageTop

キャンディ王に、オレは・・・ならない!

桜の咲き始めたところもあれば、全く咲いていないところもあるキャンプ・モバラです。

MPはチョコレート工場に始まってアイス、カップ麺、缶コーヒー、ガム・キャンディの生産設備を見てきました。

ガム・キャンディの生産設備は2年程度なので偉そうなことは言えない(正しく説明できる人もいなかったし・・・)のですがっ!いきなりキャンディ工場潜入です!

蒸気を熱源とする二重釜を真空にして加熱して水飴の水分を取ります(煮詰めるわけね)。ドロドロがデロンデロンになるまで!ちなみにハードキャンディなら水分は6%以下、ソフトキャンディなら、それ以上ですね。ハードとソフトの違いは化学的に結晶構造も違う!ガスコンロを使って手鍋で加熱する人は注意しないと焦げます(?)

次に冷却用の水の通った鉄板(冷却板)の上にデロンデロンの水飴を載せ、何とも形容のし難い巨大なアーム式の捏(こ)ね装置で捏ねます。手を出すと危険ですが、手で水飴を返し・返しする必要があります!この際に香料や色素を投入!ミントならメントールの結晶なのですが、目を開けていられない強烈な刺激がっ!この時点のキャンディ生地は慣れない人だと手に水膨れのできる熱さがあります。(水膨れ経験者は語る。)冷却板上で円柱状にして次の工程へ。(模様付き、例えば金太郎アメなら、ここで太い金太郎模様を作っておきます。シュワっとするパウダーとか、液状のものを加える方法は・・・秘密とさせて戴きます。キャンディ生地に空気を含ませてサクサク感を出す加工も、ここで行いますが、これも今回は秘密ということで)

バッチフォーマーなる装置で円柱状のキャンディをつなぎ・つなぎしながらサイジング・ロール(タンデム成型)へ。つまりキャンディ生地を製品寸法に近い太さの円柱状にするワケ。現場ではロープと呼ぶ!サイジングロールもロール径で細くしていくというよりはロール間で速度差を作り、引っ張って細くするという仕組み。(鉄みたいな金属じゃないから!)

次にスタンピングという機械で一粒一粒の飴玉に成型します。球断機という機械(手動もある)を使っているところもあります。金太郎アメなら切断機となります。そしてコンベア上で冷風をあてるとカチンコチンのキャンディー出来上がり!(包装工程は省略!)

品質面ではキャンディー生地には空気を入れないことが大事!気泡は表面でクレーターとなったり、透明感を失う原因ですから。(サクサク感を出すためにワザと空気を含ませる方法もあります。)

MPは、ガムの周りにキャンディ層のある、かつて一世風靡した製品を作ってくれたら起死回生のチャンスと偉いさんに言われ、30年ぶりに復活させたことがありますが・・・結局、売れませんでした!(結局、人を試しただけ。ウソつき!)何故か知っている「ぷっ○ょ」は前述の製法と異なりますが・・・絶対秘密!

そうそう・・・信州・佐久にはサクマ製菓の工場があります。「サクマドロップス(緑色の缶)」をよろしくね!(サクマ製菓とMPの間に関係はありません。また「サクマ式(赤い缶)」の佐久間製菓とも異なります。)買ってね!

私にできるのは・・・それだけ!(The Carsのアルバム「Candy-O」より。キャンディ王じゃないよ。)
PageTop

歴史は繰り返す・・・でも産業は繰り返さない

晴れたり雨がパラついたりのキャンプ・モバラです。風邪をひいたのか調子が悪く朝から寝ていましたがっ!

今日は北海道新幹線のニュースで景気の先行きは明るい、という感じでしたが、ひっそりと日本の消費が冷え込んでいる、というニュースも流れました・・・ネっ!

確かに歴史は繰り返す、と言いますし、MPも同感です。でも高度成長期やバブル期の再来をただ待ち続けている人達には同調できません。今ガマンすれば何とかなる、なんて愚かなリーダーの決まり文句。「打つべき手」がないのですから、結局はブラック化への道をまっしぐら。当たり前だと思いますが、かつて巨大だった石炭や繊維業界を見れば分かるように産業の栄枯盛衰は繰り返さないからです。

石炭はともかく日常使われる衣服関連の繊維ですら大半は中国か東南アジアが独占。世界の亀山のS社すら台湾メーカーに1000億円の出資額減額されていますが、液晶業界の人間に聞いてみると・・・昔から激しい浮き沈みの波はあった。今は底だが、再び浮上する、と。

その読みは当たるのでしょうか?かつてV字回復なんてビジネスワードが流行りましたが、産業では画期的なイノベーションあってこそ浮上できるもの。沈みつつある船だけを信じて、しがみつくのか、自らの力で強固な船に造り替えるのか、見捨てて他の船に乗り換えるのか・・・MadProfessorには答えは分かりません。神に聞いてくれ!
PageTop

自分勝手に決めたことなんか知りません!

桜の開花とともに寒くなったキャンプ・モバラです。

○○神に見事に工事ダブルブッキングされて調整に苦労した今日一日!現場に来ないけど知ったかぶりして他人に良い顔していると・・・事故を呼ぶ!先輩同僚に対しても調子に乗って言っちゃうから言い返される!「そんなに言うなら自分でやって下さい」と。でも一人で現場に行く度胸はないから・・・他の同僚の後を追う。自分で勝手に決めた情報も言わないから・・・現場は作業者同士で「オレが先。オマエは後」と大騒ぎ。でも、ここにはヤツは居ない!

格差社会の昨今!高給取りは○○神。貧乏人は貧乏くじを引き続けるのでしょうね。ニッポン○ね、とまで言う気はありませんが、今の労働環境や東京以外の経済環境について、知らぬ顔(リア充?)や、本当に知らない人(高度成長期体験者?)が多すぎるのではないでしょうか!断言できるのは、今のままでは格差が広がるだけで、景気回復なんてない!

今日も明日も・・・赤い光が輝いています。何故?
PageTop

ぼうそうノンストップ47号運行終了の後は・・・?

庭の梅の木は固いつぼみの信州・佐久を出発し、桜の咲いている上州・藤岡を経由して日のある内にぼうそうノンストップ47号の到着したキャンプ・モバラです。

さて重大発表のあったキャンプ・モバラですが、数百人の方々が人生の転機を迎える予定。コッチは仕事場や仕事の内容が変わるだけの話で、あっしには関わりのねぇ話ですよ。多分、○○神はモバラに居続け・・・でしょうな!

破局目前かっ!といったところで兆候は見えていましたけど。危険!な仕事は、まだ続きます・・・
PageTop

ぼうそうノンストップ46号行っちゃいました・・・

昼近くまで雨が残りましたが、晴れて暖かな信州・佐久です。

・・・ということは、ぼうそうノンストップ46号行っちゃいました、ってことですね。

ぼうそうノンストップ46号、キャンプ・モバラ3:45発、信州・佐久行は途中停車の上州・藤岡に7:30着後、信州・佐久に11:30到着し運行を終了しております。

何かと波乱のキャンプ・モバラ!仕事場全体に厄病神の祟りが拡大?

ぼうそうノンストップは、これにて終了!とはなりませんが、何号まで続くのか?
PageTop

危険がいっぱい

今日は晴れましたが、思ったより寒かったキャンプ・モバラです。昨日の帰り道は、また自動車に水をぶっかけられました・・・水たまり多いぞ!キャンプ・モバラ!(道路の水はけ悪い、デコボコ!)

さて危険が危ない仕事じゃなくて、「危険がいっぱい」の仕事が月末まで続き、信州・佐久行ぼうそうノンストップ46号による佐久Runのドライブも3月末まで遅延しております。3月末なんて桜の季節でんがな!関東平野は、桜んのドライブかも知れませんが、信州・佐久は梅の花じゃないだろうなっ!まさに錯乱のドライブ、かっ!

この2週間のDangerous Workを乗り切ることが大前提ですがっ!危ないタイプの人間が多くてね!?

錯乱のドライブの次はキャンデーの棒、いやキャンディ・オーに捧(ささ)ぐ (木へんではありません。手へんです)からDangerous Type(邦題「危険がいっぱい」)
PageTop

Let's Work Together・・・?

3週間連続で市原の方へ行ってしまったキャンプ・モバラです。ガソリンの無駄遣いだっ!

さて最強のDangerous Workのセットされた月末までのJOBのスタートです。Let's Work Togetherって感じですかな!


このLet's Stick Togetherって歌ですが、Wilbert Harrisonがオリジナル発表した時には全然売れず、Let's Work Togetherで発表したら売れたそうです。仲良く、ヨロシクしたいなら・・・ウソや裏切りは無し・・・でねっ!(Wilbert Harrisonの紹介した2曲もYouTubeで聞けます!) Good Job!
PageTop

So Much Trouble In モバラ

トラブルを切り抜け週末を迎えたキャンプ・モバラです。

ぼうそうノンストップ46号 信州・佐久行は1週間のDelayですな。首都高迂回の松戸経由は変わりませんが、往路の上州・藤岡停車をやめて直通運行の予定・・・

今月いっぱいはDangerousな仕事が続きます。言った・言わない、聞いた・聞いていない、知ってた・知らなかった、言わないほうが悪い・聞かないほうが悪い、任せた・確認しろよ・・・こんな言葉のやり取りも多くあることでしょう!大きな仕事場で、こんな小さな子供の会話みたいなことが展開されていますが・・・勝敗は力関係で決まります。

しかし、これと同じことは東日本大震災の報道(良い話・悪い話、再起できた人・できない人、英雄伝・放置された人達、放射線汚染・除染、電力会社の責任・責任追及の風化etc)を見ていても思います。私たちに流される情報は常に誰かの都合により編集されていることに気を付けなければならないと強く感じます。

改ざん=悪ですが、編集自体は悪いことではありません。東日本大震災で「絆(きずな)」を主題とする良い話も現実にあったでしょうし、誰からも助けてもらえない人達の問題だってあると思います。全ての情報を伝えるにはボリュームも大きいですから編集されるのは当然のこと。しかし権力や力関係により都合の悪い情報はカットぉ!されていることに注意しないと誤った方向に世論は向いてしまいます。

来週からも、知ったかぶりの専門家意識やリスクを隠して他人に責任転嫁、他人に失敗させたい悪意などを秘めた相手に沢山の課題が待ち受けているのでありました。
PageTop

學天則

朝から雨で歩いて仕事場へ行ったキャンプ・モバラです。

加藤保憲って誰?という方のために・・・


この映画でMPの興味をそそったのがコレ!學天則開発者の西村真琴を演じた西村晃は西村真琴の次男らしい!

帝都の地下において加藤保憲の放った式神や鬼と戦うのですが、自爆させられます・・・大阪市立科学館に學天則の復元品があります。実は・・・本物の學天則は帝都物語とは関係ありません。
PageTop

迷信・・・!?

曇り時々晴れから雨も降っていたキャンプ・モバラです。

部屋を片付けていたら出てきたiPod!電池はヘタレなので、カーナビにつないで使おう!

しかし・・・一体何なんだ!キャンプ・モバラ!平将門の祟りかっ!どこかに加藤保憲がいるのか?
PageTop

ぶっとばすぞぉ~!!

雲が多いながら、とても暖かなキャンプ・モバラです。日陰でも梅の花が咲いて、ウグイスの声も聞こえてくるようになりました。

先日、電車で東京に出かける前にiPodが見当たらないことに気づきました。スマホで良かろう、と言われそうですが、移動中(MPのような田舎者は移動時間が長いんです!)に情報端末の電池浪費はしたくない。それに使っていたiPodのバッテリーやイヤホンも、くたびれていたので、新調するか!とモバラの電器屋ではなく、内房・市原までわざわざ遠出するのがMP流!それも小湊鉄道沿いに「ぼうそう半島」を横切るという遠回り・・・

結局、iPodでもWalkManでもない安い音楽プレーヤーを買って期待せずに音楽を鳴らしてみたら意外と良い音。そりゃ普段は自動車のノイズまみれの音を聞いていた訳で・・・。ちなみにハイレゾではないし、必要もない!

しかし付属機能のFMラジオは使い物にならない低感度、電池消費量の多い動画再生機能は使う予定なし、せめてiPodのメモ(テキスト)表示機能が欲しかった、という感じでしょうか。ゲーム?意外とヒマつぶしに良かったですが、今回のものにはありません。ネットワーク機能も・・・ありません!

ついでにパソコンも見てきましたが、今の電器店のパソコンの品揃えは、かなり絞っていますね。ネットでアウトレット品を買うのが良いようです。店内一番広くて客も多いのがスマホコーナー、次がアンドロイドやWin10タブレットって感じで、興味のある商品なし。いじくってみるとwi-fi接続しているものと、していないものがあって、比較しづらい。それに対して店員は・・・一杯いて、すぐに寄って来るので逃げ回るのが大変!

災難が次から次へと発生したり、次の、ぼうそうノンストップ46号も発車日変更になったり、で休日にギュッと気分転換をしないと・・・やってられませんわっ!ジョッカーのみなさん、ぶっとばすぞぉ~!!
PageTop

厄災三昧!(やくさいざんまい)

ロクなことしか起きないキャンプ・モバラです。

何もトラブルが多いのはモバラの仕事場に限ったことではなく、加賀方面の拠点でも多発しているよう・・・!?

そういえば厄○神は南総から来たと言っていたな!玉梓が怨霊(たまずさがおんりょう)でも、くっつけて来たのか?

ウチのワンコの、もも・しろは1年以上前に他界してしまいました。ワンコパワーが必要ですが、犬8匹は大変・・・。ニャンコなら・・・先日、あずきちゃんも他界して、今は7匹!

玉でも探すかっ!(ニャンコの、たまも他界して3年・・・)探すならドラゴンボールだな!
PageTop

カルマをためて・・・

3月に入って案の定、お仕事増加!特に後半に集中のキャンプ・モバラです。

ついでに内容もリスキーなんですけど、やっぱり来たかっ!ってところですかね。

カルマをためたら、オカマも一杯!いや危険な仕事も一杯!さ~て、ぼうそうノンストップ46号の行方はいかに!って行先は信州・佐久なんですけど!
PageTop